2015年5月27日水曜日

朝日町笹川に 田舎暮らしの体験施設が完成!


富山県の東の玄関口、朝日町に定住・交流促進を図る新しい体験施設が完成しました。
朝日町ふるさと移住交流体験施設『さゝ郷ほたる交流館』は、同町への移住を検討している人たちが、地域での暮らしを体験したり、地元の人たちとの交流を深めたりすることができる施設です。少子化や人口減少が加速するなかで、同施設を活用しての定住促進に大きな期待が寄せられています。
5月26日に朝日町笹川の現地で開かれたオープニングセレモニー(竣工式・内見会)の様子をご覧ください。


完成した朝日町ふるさと移住交流体験施設「さゝ郷 ほたる交流館」
いつもは静かな山里に次々と
ノルディック隊、登場!

出迎える住民のみなさん
石井県知事、笹原町長、小林自治振興会長
式辞を述べる笹原町長

石井知事から祝辞

記念植樹
せーのでお見事 除幕!


館内へ
いろりの間にて
関係者・住民のみなさんが見学

握手でお別れ


笹川地区は、朝日町の山間にあり、清流・笹川沿いに開けた人口300人足らずの集落です。笹川自治振興会 会長の小林さんは「施設でじっくりと地区を見てもらい、良さも悪さも分かってほしい」と話します。

山々に囲まれた自然豊かな環境、地区が一つの家族のような人の絆、町中心部まで車で約10分の立地・・・。最近はそれらの良さが見直され、昨年度は県内外から11人が移住。国内だけでなく、海外(スイスやチェコ)から移住された方もおられ、注目を集めています。
また、定住・反定住の方の受け入れに意欲のある地域として、県のモデル地区の一つに選定されています。

朝日町への移住を検討されている方や興味をお持ちの方はお問い合わせください。




【施設使用料】
1泊 一般1,000円 小中学生500円
(日帰りもできます。隣に体験用の畑もあります)

【お問い合わせ】
さゝ郷 ほたる交流館 / TEL:0765-82-2870
朝日町役場 企画政策室 / TEL:0765-83-1100